若白髪の原因

若白髪を治療改善!-原因から予防と対策まで-

若白髪は、遺伝的要素やストレス、栄養不足、病気などを原因とする若年層の白髪です。

若白髪TOP > 原因

若白髪とは

若白髪とは、その名の通り、10代~20代と若い世代の方に生えてくる白髪のことです。

白髪は老化現象のひとつと言われており、本来、10代や20代の若年層とは無縁のはずですが、実際には遺伝ストレス栄養不足病気など、さまざまな原因により、若くても白髪が目立つ方はたくさん存在しています。

これまで、若白髪は主に遺伝的要素が強いと言われていましたが、ストレス社会の現代ではその他原因による若白髪人口が年々増加しています。

若白髪の根本原因

若白髪の原因については遺伝やストレスなどさまざまなものがありますが、その根本的な原因はメラノサイトの機能低下にあります。

メラノサイトとは、メラニンと呼ばれる色素を生み出す色素細胞のこと。メラニンと言うと、顔にできるシミやそばかすが思い出されますが、実は髪に色をつけているのもメラニン色素なのです。

髪はもともと、体内で生産されたときは、皆等しく白髪のままです。この白髪に、メラニン色素が日本人なら黒色、欧米人なら金色と色をつけることで、黒髪やブロンドになります。

しかし、加齢や遺伝、ストレスなどによってメラノサイトの機能が低下すると、髪への着色がうまくいかず、白髪のまま生えてきてしまうのです。

急激に増える若白髪は要注意

若白髪も加齢による白髪も、通常は知らないうちに増えていき、気づいたら白髪がちらほら・・・というケースが大半です。

しかし、ある日突然、若白髪が増えたという場合は、遺伝やストレス、生活習慣のせいではなく、自己免疫疾患などの病気が原因である可能性もあります。

若白髪の原因となる病気の一例としては、甲状腺疾患や悪性貧血、尋常性白斑などが挙げられます。

この場合の白髪は生活習慣の見直しや改善によって良くなることはないので、急激に若白髪が増えた場合は、念のため病院を受診することをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 若白髪を治療改善!-原因から予防と対策まで- All Rights Reserved.