遺伝

若白髪を治療改善!-原因から予防と対策まで-

親が若白髪体質である場合、遺伝により、その子供も若白髪になる可能性があります。

若白髪TOP > 遺伝

遺伝と若白髪の関係

若白髪の大きな原因のひとつが遺伝的要素です。最近ではストレスや栄養不足による若白髪人口が増えてきましたが、それまでは若白髪と言うと遺伝によるものが大半を占めていました。

特に10代の若白髪は遺伝的要素が強く、まれに小学生にも若白髪が発見される例があります。

遺伝と若白髪の詳細な関係については、現代医学でもまだまだ不明な点が多く、一部では髪に色をつけるメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きが遺伝的に弱いのではないかという説もありますが、確証は得られていません。

しかし、両親、あるいは片方の親が若白髪だった場合、その子も遺伝的に若白髪になる体質を受け継ぐ可能性があると言えるでしょう。

遺伝性の若白髪になったら

遺伝的要素による若白髪は、いわば持って生まれた『体質』なので、現時点では治療することは難しいとされています。

しかし、若白髪を気にするあまり、強いストレスをため込むようになると、さらに白髪の量が増加する可能性があります。

こうなるとさらなる悪循環に陥りますので、極力ストレスをためず、白髪の原因を予防することが大切です。

たとえば、白髪が目立たない髪型にしたり、白髪染めを使用するなど、白髪を上手にカバーする方法を見つければ、遺伝性の若白髪ともうまく付き合っていくことができます。

天然白髪染めで若白髪をカバー

どうしても若白髪が気になる場合は、白髪染めを活用するのもひとつの方法です。

最近では、若い方でも使いやすいよう、ファッション性を重視した白髪染めが増えていますので、カラーリング感覚でおしゃれを楽しむのもよいでしょう。

白髪染めは髪を傷めるから・・・という方には、植物性染料を使用した天然白髪染めがおすすめ

肌や髪を傷めずに染められるほか、色合いもナチュラルなので、学生さんでも気軽に染めることができます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 若白髪を治療改善!-原因から予防と対策まで- All Rights Reserved.