産後の白髪対策

若白髪を治療改善!-原因から予防と対策まで-

出産後は、ホルモンの乱れや授乳による栄養不足、育児ストレスなどで白髪が増えやすい傾向にあります。

若白髪TOP > 産後

出産後に白髪が増えるケースは多い

女性には初潮や妊娠、閉経など、ホルモンバランスが乱れたり栄養不足に陥りがちな時期があります。

出産後もそのひとつで、産後数ヶ月の間で白髪がかなり増えたと悩んでいる女性は決して少なくありません。

もちろん、出産を経験したすべての方が若白髪になるわけではありませんが、精神的・肉体的な条件を考えると、女性の一生の中でもかなり白髪になりやすい時期と言えるでしょう。

産後の若白髪の原因

女性は妊娠・出産の過程で、驚くほど大きなエネルギーを使用します。

お腹にいる胎児は血液を経て、母胎から栄養分や酸素を受け取っているので、そのぶん、どうしても母胎は慢性的な栄養不足に陥りがちです。

また、妊娠することで体内のホルモンバランスも大きく変化し、出産を済ませると、再び大きな変動があります。このホルモンバランスの波が、若白髪を増やす原因の一端となっています。

さらに、出産後も、女性は授乳という形で栄養分を胎児に供給し続けます。そこに育児疲れやストレスも相まり、女性にとってはかなり過酷な環境を強いられると言えるでしょう。

もともと、髪は生命維持に関係ない部位として、栄養分が回りにくい傾向にあります。出産後、突然白髪が増えるのも、栄養不足やストレス、ホルモンバランスの乱れなどのしわ寄せが白髪となってあらわれるためなのです。

意識的な栄養補給を

出産後の体への過負荷を減らすためには、十分な栄養補給と適度なストレスの解消が大切です。

特に妊娠中・授乳中はたくさんのエネルギーが必要になるので、たっぷりの栄養を摂り、栄養不足に陥らないよう注意が必要です。

通常であれば、サプリメントの活用である程度の栄養分を補うことが可能ですが、妊娠中や授乳中は非常にデリケートな時期なので、過剰摂取を控えなければならない栄養分も存在します。

そのため、サプリメントを活用したいのであれば、医師に相談し、サプリメント服用の可否を判断してもらうことをおすすめします。

天然系白髪染めで出産後の若白髪をカバー

髪は数年かけて発毛から脱毛までの1サイクルをたどっているため、出産後に若白髪が生えてきてしまった場合、栄養補給だけですぐに改善することは困難です。

若白髪が目立った状態を放置するのは女性にとってもかなりのストレスになりますので、手っ取り早くカバーするためには白髪染めの活用がおすすめですが、授乳中の場合、頭皮から体内に浸透した化学薬品が母乳に混じり、胎児に悪影響を与えてしまう可能性があります。

そんなときは、母胎や胎児に悪影響を与えずに白髪を染められる天然系白髪染めがおすすめです。

中でも、利尻ヘアカラートリートメントレフィーネなどの天然白髪染めは、化学薬品のかわりに天然植物色素を配合しているので、体に有害な物質を取り込むことなく、ごく自然に白髪を染めることができます。

また、トリートメント感覚で染められるので、忙しい育児の合間でも簡単・手軽に染められるところがメリットとなっています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 若白髪を治療改善!-原因から予防と対策まで- All Rights Reserved.