白髪発生のメカニズム

若白髪を治療改善!-原因から予防と対策まで-

髪はメラノサイトが生み出すメラニン色素で着色されており、メラノサイトが衰えると白髪が増えてしまいます。

若白髪TOP > メカニズム

白髪はなぜ生える?

黒髪の中で、ひときわ目立つ若白髪。若白髪の原因には遺伝や食生活、ストレス、生活習慣など、さまざまな要素が関連していますが、そもそも、なぜ白髪は生えてくるのでしょうか?

人間の毛髪は、毛髪の一番外側にあるキューティクル(毛皮質)をはじめ、たんぱく質の繊維の結合体であるコルテックス(毛皮質)、髪の芯にあたるメデュラ(毛髄質)の3つによって構成されています。

このうち、髪全体の95%を占める主成分コルテックスにはメラニン色素が含まれており、これが髪を黒く見せる要因となっています。

髪の毛は毛保細胞が分裂・増殖を繰り返すことで作られていますが、この分裂の過程でメラノサイト(色素細胞)から作られるメラニン色素が取り込まれると、髪が黒く着色される仕組みになっています。

メラノサイトの衰えが白髪を生み出す

髪は、成長期退行期休止期の3シーズンを、6~8年かけて繰り返しています。

休止期になった髪の毛はすぐに抜け落ちるため、毎日約50~100本の髪の毛が自然に抜け落ちていきます。

休止期が明けると、髪は再び新しく生成され、成長を開始しますが、何らかの原因によってメラノサイトが消失したり、機能しなくなったりすると、発毛の段階で髪の着色が行われず、白髪のまま成長してしまうのです。

このメラノサイトの衰えの原因として挙げられているのが、加齢や遺伝ストレス生活習慣などの各種要素なのです。

白髪予防にはメラノサイトの活性化を

メラノサイトの働きは加齢によって徐々に衰えていくので、完璧に防ぐことは不可能です。

しかし、その他の要素を解消することで、メラノサイトの劣化を防ぎ、白髪の増量を食い止めることが可能です。

白髪発生のメカニズムについては、現在でも不明な点が多々ありますが、生活習慣を改めることで白髪の発生を予防できることは、いくつもの研究で明らかとなっています。

髪は上記の通り、6~8年かけて成長しているので、一度白髪になると新しく黒髪として生えてくるまでにかなりの時間がかかってしまいます。よって、白髪の発生を予防するには、白髪が目立ち始める前から意識的な改革が必要と言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 若白髪を治療改善!-原因から予防と対策まで- All Rights Reserved.